現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

  • プラセンタ・クローバーとは
  • はじめての方へ
  • マイページ
  • 会員登録
  • はじめてのお客様へ ご購入特典!
  • ご愛顧のお客様へ 定期購入のご案内
  • 愛用者の体験レポート
  • プラセンタを選んだ理由
  • よくある質問
  • プラセンタクローバー問合せ
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】土日祝
  • ケンコーコム
  • もらえるネット
  • ショッピングガイド
  • 特定商取引の表記"
  • プライバシーポリシー
  • プラセンタのよつ葉本舗
  • よつ葉本舗のCMが「コミてん」で放送中です!
  • コミてん
2019年11月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤字は休業日です

有料アダルト.com月額アダルト.com裏dvd.net有料アダルト動画サイト・比較.net月額アダルト動画サイト比較.net
アクセスカウンター
美マン.com美人フェラ.com無修正アダルト動画.netフェラチオ動画.comフェラ動画.biz
無修正フェラ.com無修正パイパン動画.com
無料カウンター
無修正dvd.biz高画質アダルト動画.com
無修正動画サイト.com
無料アクセスカウンター
ジャポルノ.netsex動画.pw
ポルノ動画.com
ブログカウンター
セックス動画.biz

プラセンタの歴史

プラセンタの歴史:中国では

プラセンタの歴史として中国では、紀元前から秘薬として重宝され、紀元前3世紀には、プラセンタが傷の治療薬として使われていたようです。 中国には、中国4000年の伝統医学にもとづいた美容学があるといいます。 楊貴妃は様々な美容方をおこなっていたようですが、プラセンタももちろん使っていたのです。

プラセンタの歴史:西洋では

プラセンタの歴史として西洋では、古代ギリシャの医師、ヒポクラテスがプラセンタを治療に利用していたと伝えられています。 ヒポクラテスは紀元前460年 - 紀元前377年に生きた古代ギリシアの医者です。 「医学の父」、「医聖」と呼ばれています。

プラセンタの歴史:旧ソ連では

プラセンタの歴史として旧ソ連では1930年代ころから研究され、プラセンタの有用性が日の目をみるようになります。 眼科医がプラセンタを角膜移植に取り入れたこともあります。 現代、「プラセンタ埋没療法」と呼ばれる治療方法があります。 プラセンタ埋没療法とは、冷蔵したヒト胎盤を大型注射針を使って皮下に埋め込む治療法をいいます。

プラセンタの歴史:韓国では

プラセンタの歴史として韓国では漢方医学書『東医宝鑑』の中に「紫河車」としてプラセンタが登場しています。東医宝鑑は李氏朝鮮時代の医書で1613年に刊行され、朝鮮第一の医書として評価が高く、中国・日本を含めて広く流布しました。 日本においても、享保9年(1724年)に日本版が刊行されており、寛成11年(1799年)にも再販本が刊行されています。

プラセンタの歴史:日本では

プラセンタの歴史として日本では江戸時代、加賀(石川県)の3大秘薬のひとつといわれた混元丹に、プラセンタが「紫河車」として登場します。 その後、このプラセンタを使った「組織療法」は日本にも伝わり、1950年、「組織療法」、つまりプラセンタを研究していた医師たちが集まって『組織療法研究所』を設立します。

プラセンタとは

プラセンタによる活細胞セラピーは、集中力や持久力を維持するために利用されたといわれています。

アイゼンハワー大統領 ドワイト・デーヴィッド・アイゼンハワー(Dwight David Eisenhower, 1890年10月14日 - 1969年3月28日) アメリカ合衆国の第34代大統領および第二次世界大戦中のヨーロッパの連合軍最高司令官

 

•古代ギリシヤの「医学の父」ヒポクラテスは自然治癒カを高める薬として胎盤を用いた。

 

•秦の始皇帝は不老長寿の薬として胎盤を用いた。

 

•中国(唐)の医学薬学書「本草拾遺」に「人胞」「胞衣」という名で胎盤が薬として紹介される。(907年)

 

•中国(明)の漢方薬事典「本草網目」に「紫河車」という名で胎盤が紹介されている。(1596年)これは、日本の加賀(石川県)で、秘薬「混元丹」として発売された。(1700年頃)

 

•ロシアの眼科医フィラートフ博士は「組織療法」として、胎盤の「埋没療法」を研究発表(1933年)

 

•国立京都大学の産婦人科教授「三林隆吉博士」は、文部省学術研究班の要請でわが国で初めて胎盤製剤「ビタエックス」を開発して、国民の健康増進に寄与。(1944年)

 

•更年期障害の注射薬として「メルスモン」が厚生省より認可される。(1956年)

 

•久留米大学の組織病理学教授「稗田健太郎」(医学博士・農学博士)はフィラートフの研究に刺激され「胎盤漿」を開発。これを肝硬変治療薬「ラエンネック」として医家向医薬品の認可を受けた。(1959年)

  •その後、インタセリン(歯槽膿漏、胃潰瘍、十二指腸潰瘍)PLPやザウエルプラセンタ(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)といった医薬品が認可される。(現在は、ラエンネックとメルスモンのみです)



ショッピングガイド

ご注文方法
送料について 送料一律 600円(税込)
配達日時、時間指定も承ります!

配達日時、時間指定も承ります!返品・交換について